振動発電とは

人が歩行したり、車が走行したりする際に発生する振動のエネルギーを電気エネルギーに変換する発電機です。
振動のエネルギーを効率よく回収し、発電効率を向上させています。
『振動発電』(しんどうはつでん)は、人や車両が移動の際に床へ与える振動をエネルギー源に発電を行う、床型の発電ユニットです。
 
一歩踏むことにより、次のことが可能です。

高輝度LEDを瞬間的に発光させる

【発電量】
・約2mW
・0.1~0.3W(下記条件※における、1m秒程度の瞬間最大値)

※体重約60㎏の人により、1秒間に2歩ずつ歩行する実験を30秒間行った平均

発電のしくみ

発電ユニットの中に設置された「圧電素子」が歪むことにより電気が発生します。

振動発電を用いた情報提供システム

東京ビッグサイトでの使用方法

東京ビッグサイトに設置しているマットを踏むと、「再生可能エネルギー見える化モデル事業」の情報がLINEで届きます。

STEP1 下のコードを読み込んで、 LINEの友だち登録をしてください。

<設定上の注意>
① 本体>Bluetooth ON
② 本体>位置情報 ON
③ LINEアプリ>
  「設定」→「プライバシー管理」→「情報の提供」
  →「LINE Beacon」→同意して利用開始
④ iosの場合のみ
  本体設定の「LINE」→「Bluetooth」ON

STEP2  発電マットの上を歩きます。

STEP3  再生可能エネルギー見える化モデル事業の情報がLINEで届きます。